2017年3月20日

ついでに酒蔵見学☆

毎年お彼岸の中日は、菩提寺にてお彼岸の法要です。


春らしいうららかな陽気のお天気で、今回もいい法要になりました♪


ちょっと早めにお寺さんについて、お墓の掃除が終わったらちょっとヒマになったので、お寺の周りをぷらっと散策。


お寺の周りは杉が多いと思ってたんですが、いつの間にかだいぶ伐採が進んできていて、だいぶ小ざっぱりとしてきています。

それにつれて、お花も増えてきました。
桜にたんぽぽ。いつの間にか春も進んでいるんだなぁ・・・


さて、法要とお墓参りが終わったら、これまた恒例のお食事会。
ちょうど梅が満開なので、吉野梅郷を通りながら御岳渓谷の「とうふ遊び 豆らく」へ。

このお店は澤乃井(小沢酒造)直営の自家製豆腐ゆば会席「ままごと屋」の姉妹店で、美味しいと評判の「ままごと屋」の豆腐料理を気軽にいただくことができます。


今回は「二色のざる豆富膳」。おぼろ豆腐とグリンピース豆腐に、もろみ味噌と紅塩梅がよく合ってて美味しい~!
他の小鉢も卯の花炒りや厚揚げのふき味噌のせ、大豆のお肉などお豆腐づくし☆


お店の窓からは酒蔵の経営する庭園「澤乃井園」や、その向こうの多摩川の渓谷と楓橋、寒山寺のお堂などが一望できます。
庭園の桜がまだ咲いていないのが残念。。。


お食事が終わったら、今度は「澤ノ井園」から道路を渡った反対側にある、澤乃井を作っている蔵元の酒蔵見学です。

見学前の控え室になっている「酒々小屋」で酒米の種類や精米度合い(とお値段との関係。笑)などなど、お酒造りについてさくっとわかりやすい(しかもユーモアのある)ご説明を受けてから蔵の中へ。


蔵の扉の上には神棚がお祀りされています。
澤乃井では、毎年地元青梅の御嶽山にある武蔵御嶽神社の神主さんにお祓いをしていただいて、酒造りを始めたり新酒を絞ったりなどの作業を行うのだそうです。

また、お酒の神様としては京都の松尾神社が「酒造第一祖神」なのだそうで、東京でも府中の大國魂神社の境内末社に勘定されていて、東京の各蔵元がお酒を奉納しているのだとか(澤乃井のある青梅も東京都です)。
そういえば、大國魂神社に初詣に行ったら大きな菰樽がいっぱい積まれてたっけ☆

神棚の下の大きな扉を開けると、中はひんやり。
しかも、案内をしてくださった酒造会社の方が「全員中に入ったら、最後の人はすぐに扉を閉めてください」とのこと。

説明を受けた「酒々小屋」はお客様に合わせて部屋を暖めてますが、蔵の中ではお客様より「お酒様」が大事(!)なので、もろみの発酵に合わせた温度(一般には6℃~15℃の間)に保つようにしてるのだそうです。

だから、蔵自体も温度を低めに保ちやすい昔ながらの天井が高い作りの建物。
階段の写真は明治時代からの蔵で、階段が急なのは蒸した酒米が少しでも冷めないうちに登るのに適した作りにしたらこうなった・・・とか。

また、タンクの置いてあった部屋は、なんと慶長15年(1702年)から建っているとのことで、めちゃびっくり!



蔵の通路の一つがお酒のセラーになっていて、壁の棚に瓶がずらり!
これは3年越しの古酒なのだそうで、純米や吟醸など年ごと種類ごとに瓶詰めされたお酒(それも原酒)が貯蔵されています。

透明な瓶の中味は、年数を経たものほど琥珀色。味の方はどのように熟成されるのかな・・・



最後に蔵から一度外にでて、仕込み水の井戸を見せていただきました。
澤乃井のお酒は、170年前に蔵の裏山に掘られた横井戸「蔵の井戸」から湧き出る中硬水と、「場所はあかせませんが」多摩川対岸の山の中にある「山の井戸」の軟水で仕込まれているのだそうです。

兵庫県の灘のようにミネラル分の多い硬水で作られるとしっかりとこくのある重いお酒、京都伏見のように軟水だとやわらかくなめらかで軽いお酒になります。そういえば「灘の男酒、伏見の女酒」ともいいますよね。
澤乃井では、その両方のタイプのお水をブレンドして使っているということのようです。



そしてミネラルもですが、仕込み水に大事なのが「いかに鉄分のない水か」なのだとか。
鉄分が入ってしまうと、錆が入ってしまうのと同じでお酒に雑味が出てしまい、色や味わいを悪くしてしまうとのこと。

注連縄の張られた横穴の入口を入って100mほど。ガラスでしっかり外界と区切られた先に湧水がありました。
この水は「澤乃井園」の方にも引かれていて、実際に飲むことができます。

試しに飲んでみましたが、確かに雑味がなくあっさりとした味☆



見学を終わって「酒々小屋」に戻ると、見学者には利き酒をさせてくれます。
今回の利き酒は春限定の「澤乃井本醸造 花見新酒」。ちょっぴりふわっと華やかさのある、でもさらりと飲めちゃうお酒でした。


先祖様や亡き人を偲びつつも、美味しいものをいっぱいいただいて、のんびりまったりシアワセな一日でした♪


にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 ← お気に召したならクリックよろしくです!

2017年3月5日

2日目は下田ぶらぶら~ばあちゃんと伊豆旅行その2~


さて、伊豆旅行2日目は弓ヶ浜の散策から。(→ 1日目の記事はコチラ


弓ヶ浜海岸は伊豆南端の南伊豆町にあって、岬と岬の間に約1.2kmの白砂の海岸が弓なりに続いています。



海岸の両側の岬で波がさえぎられるためか、それとも季節柄なのか、「ひねもすのたりのたりかな・・・」の穏やかさ。

サーファーさんたちが結構海の中に浮かんでいましたが、少々物足りない波かも?


遠くには、行きかう船の向こうにうっすらと伊豆七島も見えます。


さて、海を見ながらまったりした後は、一面の菜の花畑!
弓ヶ浜から2kmほど下田寄りの日野(ひんの)にある「元気な百姓たちの菜の花畑」で、約3haの休耕田に地元の人たちが菜の花を植えて管理しているそうです。


「いちめんのなのはな、いちめんのなのはな・・・」とひたすら続く山村暮鳥の「風景」という詩がありますが、まさにそんな感じですね!

さて、菜の花の次は下田公園へ。



実は、この下田公園の中には後北条氏の下田城(鵜島城)の跡があるので、別名「城山公園」とも呼ばれています。

今回はばあちゃんとの旅行なので、城攻めは封印・・・とは思ったものの、やはり城好き後北条氏好きのワタシとしましてはちょこっとでも見に行きたいな~☆

ということで、ばあちゃんには下田海中水族館でも見ててもらって、その間にさくっと攻めてこようか、と水族館側の駐車場に回ったところ・・・


ばあちゃんが「私も行く!」というので、急な坂道をゆっくりゆっくり登って、とりあえず公園内のお茶ヶ崎の展望台へ。



お茶ヶ崎の展望台はちょうど海中水族館の真上にあたるので、イルカのショーが見えます!
しばらくイルカのジャンプをぼぉ~っと眺めてから、城域へ。

城めぐりの様子はもうひとつのブログ「晴れ、ときどきお城」の方に書きますが、ばあちゃんは全部つきあって歩いてくれちゃいました。日ごろ地域の「ご長寿体操教室」で鍛えてるだけあって、思ったより結構な健脚!


下田公園から下田の町に降りてきて、まずは「日米和親条約締結の地」了仙寺へ。


嘉永7年(1843年)3月に日米和親条約が横浜で締結されたことを受けて、下田と函館(当時は箱館:開港は翌年)の開港が定められ、日本で最初の開港地となった下田にペリー艦隊が続々と入港して来ました。

横浜で締結した条約では細かい点がほとんど決められていなかったため、下田において詳細について話し合いが行われることになったのですが、その舞台となったのが、ペリー一行の応接所となったこの了仙寺です。

そして嘉永7年(1854年)5月には了仙寺において日米下田条約(日米和親条約付則13か条)が調印されたそうです。

この付則の中でアメリカ人は下田の町中を自由に歩く「遊歩権」を与えられ、また了仙寺ではアメリカ海軍の軍楽隊による「日本で最初の洋楽のコンサート」が開かれたそうです。


「開国殿」の扁額がかかっている了仙寺の本堂。
奥に「安政元年(1854年)ペリー提督黒船陸戦隊調練の図」がかかってます。



ガラス戸の上にあるのが、その「図」。

ペリーは了仙寺で日本側との交渉に入る前に、境内において対法や楽隊による観兵式と戦闘訓練の様子を披露したようで、この絵はその様子をペリーに随行した画家のヴィルヘルム・ハイネが描いたものだということです。

同じ絵が境内の石の案内板にもありました。


ほかにも境内には「横穴遺跡」があるらしい案内があったので、またずいぶん「開国」とは歴史年代が違うな~(笑)と思いながら行って見ると・・・


本堂のすぐ裏手の崖にがぼん!と開いた大きな穴!
しかも反対側から物置に使われていたらしく、仕切りの竹垣が壊れて倒れてるのが痛々しかったですが・・・

そばに立っていた案内板によると、「横穴遺跡」というのは海蝕洞窟を利用して作られた墳墓のようです。ということは、遺跡自体はこの大きな穴の横にある、この人工的な小さな穴のことなのかな?


案内板にもそこまでは書いてなかったのですが・・・

この洞窟内からは人骨とともに勾玉や水晶製の装飾品、土師器、須恵器等が出土していて、その質や量から、今から約1300~1400年ほど前のこの地域の有力者の墓と考えられているとのこと。

海が迫っていて固い岩盤が多い土地柄からか、こうした海蝕洞窟を利用した墳墓は伊豆半島南部の古代墳墓の特徴でもあるようです。


了仙寺から参堂をまっすぐ出ると、「黒船でやってきたペリー提督が条約締結のために行進した道」という「ペリーロード」が、平滑川沿いに下田公園に向かって続いています。



昔はこのあたりは花街として栄えていたのだそうで、現在でもかつて遊郭だった建物を活かした骨董店など伊豆の「なまこ壁」や伊豆石つくりの日本家屋などが残っていて、川沿いの柳並木とともに、のんびりとした風情のある道となっています。

そんなペリーロードで昼食をとろうと思ったんですが、おそば以外にこれといって適当な食事どころがなく、目についた喫茶店に入って見まして・・・


桜オレは桜の葉の粉の香りがすごく春らしくて美味しかった!
白身魚とアシタバの掻き揚げは本当はテイクアウト用らしいのですが、店内で魚のおだしのお茶漬けとともに出してもらいました。

+++おまけ+++

下田でのんびりまったり過ごしたら、次の宿泊地の堂ヶ島へ向かったのですが、途中、前夜泊まった宿でもらった甘酒サービス券があったな~と思って、立ち寄った道の駅「下賀茂温泉 湯の花」。

なんと無料の足湯がありました。さすが下賀茂温泉!


ただし、源泉かけ流しなのでそのままだとめっちゃ熱い!
ホースの水を入れて自分で調節するようになってます(笑)



あとは海を見ながらひたすら西伊豆へ。やはり伊豆は海と温泉がよい!


というわけで、3日目(最終日)につづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ たまたま行った旅へ
にほんブログ村 ← お気に召したなら、クリックよろしくです!

2017年3月4日

のんびりまったり修禅寺~ばあちゃんと伊豆旅行その1~

昨年末にじいちゃんの一周忌も終え、年明け2ヶ月経ってばあちゃんも日増しに元気になってきたので、梅でも見がてら一緒に温泉でも行こうか~☆という話になりまして・・・

そんなに遠出はしたくないけど、行くならやっぱり暖かい方向だよね・・・ということで愛車を飛ばして伊豆に出かけることにいたしました。

圏央道と東名道もつながって、その上伊豆縦貫道もだいぶ延びたので、本当に埼玉と伊豆は近くなりました!
途中、足柄SAでみかんの詰め放題やっても3時間で修善寺温泉に着いちゃった♪




修善寺温泉は古い温泉街で駐車に苦労する、ということだったのでしっかり事前リサーチして、温泉街の中心地にある修禅寺のそばの「何時間置いても400円」のパーキングにすんなり駐車♪




修善寺温泉は伊豆半島で最も歴史がある温泉です。
上の写真は筥湯(はこゆ)。修善寺に幽閉されていた鎌倉幕府二代将軍 源頼家が入浴中に北条氏の刺客に襲撃された温泉だと伝えられています。

なので、頼家のお墓や、頼家の冥福を祈って母である北条政子が立てた指月殿など、他にも源氏ゆかりの史跡が多く残っているとのことです。


修禅寺川(桂川)にかかる赤い虎渓橋の向こうには、平安時代に弘法大師が開いて地名の由来にもなったという修禅寺。

脇に立てられたお堂の中には一対の優しげなお姿の仁王様(金剛力士像)が納められています。


この金剛力士像、もとは現在の修善寺駅に近い横瀬という場所にあった修禅寺の総門を守っていたものが、いつのころからか指月殿の丈六釈迦如来坐像の両脇に安置されるようになり、さらに平成26年(2014年)に山門の改修工事が終わって修禅寺にご遷座されたとのこと。

解体調査の結果で鎌倉時代よりもさらに古い、全国でもまれな藤原時代の作であると判明されているそうです。

山門をくぐって境内に入り、右手にお水屋。


・・・お水が暖かい!なんと温泉が流れています☆
よく見ると、水屋の上に「桂谷霊泉 大師の湯」の文字が。しかもこのお水は飲めるのだそう!さすが温泉地(^^;)

暖かい霊泉で手と口を清めたら、まずは本堂にお参りです。


修禅寺は正式な名称を「福地山修禅萬安禅寺」といいます。
大同2年(807年)弘法大師によって開創と伝えられ、以後470年間は真言宗として栄えたそうです。

その後、鎌倉時代に中国から蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)禅師の入山により、臨済宗に改宗。さらに室町時代の延徳元年(1489年)に伊勢新九郎盛時(北条早雲)が隆渓繁紹(りゅうけいはんじょう)禅師を遠州石雲院から招いて、曹洞宗に改宗して現在に至っています。


こんな経緯があったためか、曹洞宗のお寺のご本尊は普通は釈迦如来なんですが、この修禅寺は宗旨が真言宗だった時そのままに、ご本尊は大日如来。
像内から、運慶らと同じ慶派で東国で活躍したと思われる仏師 実慶が承元4年(1210年)に作った旨の墨書が発見され、国の重要文化財に指定された木造大日如来坐像です。


寺務所でいただいた御朱印も、よくよく見ると大日如来の文字。
ただし、残念ながらご本尊は本堂の須弥壇に安置されていて、年に1度の特別拝観期間(例年11月初旬)にしかお目にかかることはできません☆

さて、お参りをすませて本堂のとなりの方丈を見ると、看板に「期間限定!女将のもちより雛と修禅寺庭園特別鑑賞」の文字。


入口の受付の方に「庭園は年2回しか見れないのよ!」「お雛様を見ながらの抹茶がいただけるのよ!」「このイベントは今日までなのよ!」と強く!オススメされて、それなら~と中に入ってみました。。。


すると・・・方丈の各部屋いっぱいに約400体の雛人形がずらり!




雛人形は、修善寺温泉の女将さん達が持ち寄ったもので、雛展の準備から飾り付けまで、すべて女将さん達の手作業だそうです。



今から12年前に修禅寺で行われた「もちより雛展」がきっかけで、毎年2~3月の1ヶ月ほどの期間に開催されるようになったイベントなのだとか。



お雛さまの調度品も小さくてかわいいながら、ひとつひとつ見事だなぁ~!と思わずじっくり見入ってしまいます。。。



中には、ご当地らしく「北条政子」のお人形も☆


方丈はご住職の生活の場も含んでいるので、普段は非公開です。

よって、方丈の庭園ももちろん非公開なのですが、実はこの庭園、大正天皇が東宮(皇太子)だった明治40年(1907年)にこの庭園をご覧になって、「東海第一の庭園である」と仰ったという名園なのです。


こちらがその庭園。裏山との高低差を生かしたつくりになっています。
写真では奥のほうにちょろっとしか写らなかったんですが、庭の奥の方に達磨山から引いた自然の水の流れ落ちる勇壮な滝があって、ちょっと感動的です♪



庭園を正面から見たところ。
この庭の正面に位置するのが、特別な来訪者がご住職に相見する「書院の奥の間」で、
座った位置から見る庭園が一番すばらしいとのこと。

部屋の前に大きな安楽椅子が置いてあったのですが、案内の方によると、このお寺の御前様(ご住職?)はこの椅子に腰掛けて日がな一日庭園を眺めるのが大層お好きなのだそうです。


池の周りには、長寿を象徴する「鶴石」「亀石」「鏡岩の富士」が配されています。
ぱっと見、どれがどれやらわかりません(笑)

次の写真で答えを見ると・・・「亀石」はなんとなく亀の形に見えるかな?
奥の「鏡岩の富士」は鏡岩の表面の窪みの形に富士を見る・・・う~ん☆
「鶴石」は石の色の違いや凸凹で何通りかの鶴を見る。もう何がなにやらwww



ちなみに、庭園の特別公開は春のこのイベント時と秋の年2回なのですが、方丈の中から見れるのは春だけなのだそうです。

その代わり、秋は庭の中に入って見ることができるようですよ!
苔や庭木が多少荒れるということで、庭の中に入っての拝観は庭師さんはあまり好まないようです。あの見事なお庭の維持は大変なんですね☆


そんな庭園を見ながら、お抹茶をいただくことができます。
床にかけられたお軸が「喫茶去」なのが、とても禅宗のお寺らしいです。


低いテーブルと椅子に座って、お盆に乗せて運んでいただいたお茶とお菓子を、気取らずにゆっくりといただくことができました。


方丈でゆ~ったりとした時間をすごして外に出ると、境内の桜の大木が早くも花盛り。


「修善寺寒桜」という桜だそうです。
よく見かけるソメイヨシノよりは、さらにピンクが濃い感じ。花の盛りは例年3月中旬ということですが、今年は2週間ほど早いとのこと。



さてさて、ゆっくり修禅寺を堪能したところで、ほどよくお昼時になったので、これまたリサーチしておいたお店「めし屋 みづ」へ。

ネットで見かけた「花車弁当」を目当てにして行ったんですが、和食系のお店と思っていったところが創造よりもアンティーク?なお店にちょっとびっくり☆


お弁当のほうはこのボリューム!ご飯は黒米、五穀米、白米の3種類。たっぷりのお汁とデザートがうれしい♪

修禅寺はやたらにお蕎麦屋さんがヒットしてお昼ご飯に悩んだ中で、このお店はヒットでした(^^)v

車に戻るためにまた修禅寺の前まで戻ってきて、修禅寺川(桂川)の川原を見ると、川の中の岩の上になにやら東屋が。


弘法大師空海が大同2年(807年)に修善寺を訪れたときに、独鈷杵で川中の岩を打ち砕いて霊泉を噴出させたという伝承の、独鈷の湯です。

ずいぶん以前に修善寺温泉に来た時には、確か入浴している人がいたように記憶してるんですが、現在は「法律上の浴場ではない」ということで入湯は禁止されているとのこと。


ですが、東屋の中に人がいるので行ってみると、みな靴を脱いで足をつけて「足湯」にしていました☆

さっそくワタシとばあちゃんも足をつけてみました。温度もちょうどよく温かくて気持ちいい~!

ですが、ちゃんとした「足湯」ではないので、周りの石がでこぼこしていて座りにくく、ばあちゃんが座り損ねて足を滑らしてじゃぽん!

足湯は川原を望む別の場所にもちゃんとあるので(しかも無料)、入るならそちらのほうが安全かも(笑)

修善寺をさくっと堪能したあとは、宿をとっている弓ヶ浜温泉へ。



途中立ち寄った浄蓮の滝は、駐車場からこんな急な階段を谷へと降りたところにあります。階段では息を切らした高齢の方に多く出会いましたが、これは足腰が弱ってるとかなりキツイです!


浄蓮の滝は落差25m、幅7m。冬季の乾燥している季節なのでもっと水量がないかと思っていたら、結構迫力。
そして、滝の右下の柱状節理がはっきりくっきりと美しい~!


滝のそばには石川さゆりの「天城越え」の碑も。
そういえば、浄蓮の滝が歌詞に出てたっけ。

その後は歌詞のとおり天城峠を越え、ループ橋をぐるぐると回り降り、早咲き桜で有名な河津まで来たら・・・海が見える~!


海なし県の住民は、海にめちゃめちゃ感動しながら宿に到着。
その日一日の行程を終えたのでした。 →(2日目に続く


にほんブログ村 旅行ブログ たまたま行った旅へ
にほんブログ村 ← お気に召したなら、クリックよろしくです!